こどもな

2児育児中。子育てと資格試験、お受験に整理収納etc.毎日のあれこれを記録します。

乳腺炎が悪化して切開した話③~授乳中の発熱でPCR検査<前編>~

化膿性乳腺炎、長患いの記録です。

生後1か月・片側授乳により乳腺炎発症

     ・訪問にきた助産師さんによるマッサージ

生後2か月 ・母乳外来(病院非併設)受診

     ・母乳外来(産婦人科併設)受診

     ・産婦人科受診(エコー検査にて膿瘍確認)&穿刺2回

生後3か月・乳腺科受診(切開)

     ・切開したが自壊

生後4か月・悪寒&39度発熱(PCR検査)←いまココ

生後5か月・乳腺科受診継続(ほぼ毎日)

生後6か月・皮膚科受診(乳腺科と併行して受診)

生後7か月・化膿性乳腺炎再発

 

乳腺炎の記録に続き、経緯をひとまずすっとばして、

もしかしたら今困っている人がいるかもしれない、授乳中の発熱について記録します。

コロナ、早く終わるといいですよね。

 

いろいろを飛ばしてしまっていますが、

それは、化膿性乳腺炎の悪化後、切開し、傷口が塞がらないまま、さらに1か月が過ぎていた、ある日曜日のことです。その頃の私は癒えない傷に不安を抱きつつ、毎日の通院を黙々と続けていました。

 

朝ごはん前から身体がうまく動かないなぁ、関節痛がするなぁと独り言ちながら、

少しソファで休ませてもらった後、ん?寒い?と感じて寝室に向かってみたところ意識が朦朧とし始め、体温を測ると39度。これは乳腺炎なのか(切開したのに?)、時期的にインフルなのか(予防接種したのに?)、それともこの時世でコロナなのか。乳飲み子抱えて恐怖に襲われました。

 

とりあえず日曜日でよかった!!

子ども2人いて、39度超は無理!!!旦那に任せた!!!!

と思っていたのですが、日曜日のため、受け入れてくれる病院がないのです。

 

万が一、コロナだったら…と考えると不安でしょうがなく(かつ、毎日通院している乳腺科は発熱だと診てもらえないので大ピンチ)、朦朧とする頭で東京都の相談センターに電話。味覚症状等がないことを伝えると、様子見…との判断。居住地近くの日曜に空いているクリニックに相談するようにと、電話番号をいくつかいただく。

 

教えてもらった診療所にかけると、通院してきてもいいが、インフルエンザの検査もコロナのPCR検査もやれないかもしれないとのこと。

 

次に、住んでいる自治体の相談センターへ電話。熱があると、毎日通院しなければならない病院にも行けないことなどを伝えたところ、今日対応できる病院をいくつか教えていただく。そして、候補となる病院たちに電話をかけ続けました。

医療機関の方々、お忙しい中、丁寧に対応していただき感謝しかないです。

 

大手病院A「うちで今クラスター発生しているから来ないほうがいい」

大手病院B「かかりつけの患者ではないと受け入れ不可」

大手病院C「かかりつけの患者ではないと受け入れ不可」

大手病院D「月曜の発熱外来なら予約できる。結果が出るのは水曜」

 

と、朦朧とした頭で長々経緯を聞かれて説明するも(最初の相談電話とあわせて全部で2時間以上)、どこも当日の対応は難しい模様。原因がわからないと毎日通院しなければならない乳腺科にも行けず、家族との接し方、乳飲み子との接し方もわからず、、、、

 

かかりつけ医に…と何度も言われてしまったのですが、大人になってから此の方、特にかかりつけ医をもたずに過ごしてしまったせいであてもなく、途方に暮れながら、コロナ禍では0歳児と発熱時にどう過ごしたらいいのかを出産した産院に電話で尋ねたところ、以下の回答をもらいました(病院によって対応は違うと思いますが、参考までに)。「赤ちゃんにはマスクをつけて接すること。授乳はOK。もしもコロナだった場合は赤ちゃんに抗体がつくかもしれないこと」。

 

そして!なんと。。PCR検査センターでの予約を紹介できるかも、と!

折り返しを待つこと1時間。「今から30分後に行けるのであれば、検査できます」との電話をいただきました。どこをどうしたら、その予約にたどり着けるのかは謎のままでしたが、かかりつけ医を持つことの重要性を感じた瞬間でした。

 

長くなってしまったので、実際にPCR検査をした話を次回にて(次回を入力すると、自壊が出てくる乳腺炎脳)。ちなみに、万が一コロナだった場合はうつしちゃうかもしれない、でも抗体を上げられるかもしれない(希望)という想いでマスクを二重にして3時間おきに授乳は続けていました。

※母乳過多の乳腺炎治療だったため、ミルクをそれまで使っていなかったためもあります。